オーストラリア旅行専門アズウェイのマーク

オーストラリアの大陸鉄道 インディアン-パシフィックをご案内致します。

インデアン パシフック
Indian Pacific

インディアン-パシフィックとは、名前の通りインド洋と太平洋をつなぐ世界で一番長い鉄道の一つである大陸横断長距離列車。

ルート: Sydney - Adelaide - Perth
時間 :3泊4日
距離 : 4352 kilometres
運行頻度: 週に2回

商品の詳細説明
インディアン-パシフィックとは、名前の通りインド洋と太平洋をつなぐ世界で一番長い鉄道の一つである大陸横断長距離列車。

シドニーの南方に位置する観光地‘ブルーマウンテン'から世界で一番長い一直線の線路(476キロ)がある雄大なナラボー平原迄走るこの大陸横断列車内の快適なラウンジや個室の窓からは、オーストラリア独特の風景や野生動物の群れ等、魅惑的な景色が眺められる。

シドニーからパース迄4352キロの旅で、どちらの方向に向かって走っても列車で3泊は必要。

こ の大陸横断中、列車の車窓から眺める景色は種々多様。途中、ブロークンヒル駅、アデレード駅、そして金鉱山で有名なカルグーリー駅では列車が駅に止まって いる間を利用してオプションの観光ツアーが催行されますので、今迄車窓から眺めていた景色に近ずく絶好のチャンスです。

ナ ラボー平原に存在する遠隔地、クックの人口はたった2名、ここも足を伸ばして言ってみたくなる場所である。インディアンパシフィック鉄道の全ルートに渡っ て観れるのがこの鉄道の象徴である壮麗なオーストラリアン ウエッジ テイル イーグルで、2メートルもある翼で砂漠の空を飛んでいる姿を目撃できるで しょう。

■サービスのレベル ●各サービスの比較
●ゴールドサービス
●レッドサービス
●特別貸し切り車両
■オンボードツアー
■時刻表
■運賃