オーストラリア旅行専門アズウェイのマーク

 ご 旅行前に

オーストラリアはご存じの通り、日本から赤道を渡った南半球にある。
そのため、日本とは季節が逆になり、日本が夏の時は、オーストラリアは冬、日本が冬の時には、オーストラリアは夏になる。

オーストラリアの国土は巨大だ。面積は、日本の約21倍、南北に約3700キロ、東西に4000キロに広がる。そのため、 北部の熱帯雨林気候、中央部の砂漠性気候、南部の温帯性気候、その間の亜熱帯性気候などバラエティーに富んでいる。

全国的にみて、一番平均気温が高くなるのは1-2月、最も寒くなるのは6-7月だ。ただし、南北で気温が大きく違うので、 事前に下記の都市別の気温をチェックした方が良い


シ ドニーの気候について

シドニーは 年間を通して過ごし易い気候に恵まれ、真冬であっても10度を切る日は数え るほど。真夏には日差しが強く、気温も30度以上に上がる日もあるが、空気が乾燥していることもあり、日陰では涼しく感じるほど。明確な雨季はないが、比 較的2-6月の降雨量が多いが、雨の日がずっと続くこともあまりない。シドニーはこのように、気候的に大変恵まれており、その中でもベストな旅行シーズン は、10-1月となる。

ゴールドコーストの気候について

ゴールドコーストは、ブリスベンと同様、亜熱帯性気候に属し、年間を通して温暖な気候に恵ま れ、オーストラリアの中でも、もっともすごし易い街と言える。
ゴールドコーストというと、1年中泳げるようなイメージを一般的にもたれるが、実際には冬場は海で泳げないので注意。
ホテルのプールはたいてい、冬場には温水になっているので、若干寒くはあるが、泳ぐことができる。ただし、やはりゴールドコーストのイメージは、さんさん と降り注ぐ太陽、というイメージなので、ベストシーズンは10-3月の夏場になる。

ハ ミルトン島の気候について

ハミルトン島は、経緯がハワイ・タヒチと同じことから年間を通して温暖な気候に恵まれ、比較的1年中マリンスポーツが可能 です。 6~8月以外はほぼ半そででもOKな気候で、12~3月は雨季の時期に入ります。
海を目的でハミルトン島に訪れる場合は一番海が
澄む9~11月がベストシーズンです。


ケ アンズの気候について

ケアンズは熱帯性気候と、熱帯雨林気候の間に位置し、1-3月くらいが雨季となる。ケアンズの冬、6-9月は一番雨が少な いが、熱帯性気候なので、海で泳げなくはないが、この時期は海に入ると寒さを感じるはず。
そのため、クルーズに参加した場合は、ウェットスーツなどを借りるのが一般的。
ベストシーズンは、気温も高くなり、雨量も少ない、
10-11月がケアンズのベストシーズンといえる。

メ ルボルンの気候

メルボルン は温帯性気候に属し、シドニーと同様、年間を通して雨季もなく、 穏やかな気候となっており、大変すごしやすくなっている。真夏でも30度を越えることはあまりなく、真冬であっても、最低気温が氷点下を割ることはない。 ただ、メルボルンのメインアトラクション、 ペンギンパレード見学は、夜の海岸沿いということもあり 冬だとかなり寒くなるので、この時期、このツアーに参 加する場合は、十分な防寒対策が必要だ。

エ アーズロックの気候について

エアーズロックは砂漠性気候となり、一日の最高気温と最低気温の差が大きい。
月別の雨量は若干ばらつきがあるように見えるが、これはグラフの単位が小さいため、実際には月ごとの大きな雨量の差はあまりない。 エアーズロックのベストシーズンは、7-11月になり、この時期はエアーズロックのホテルもハイシーズン料金となる。 エアーズロックの夏場、12-2月は、気温が上昇しすぎて、エアーズロックの登山口がクローズになる可能性が高い。

行き先別の今の気温や、湿 度などWetherUnderground社を参考にしてください。 主な都市 ケアンズ ゴールドコースト シドニー メルボルン パース

服装
年間を通して日差しがとても強いため、帽子、サングラス、日焼け止めクリームなどの携行が必要です。
また、地域によっては夏の夜でも肌寒いこともあるため、防寒服の準備をおすすめします。
旅行中にホテルのメイン・ダイニングや高級レストランでの食事を予定している方は、 Tシャツ、ジーンズでの入店を断られる場合があります。正装とまでいかなくても、男性ならジャケットなど、少しだけかしこまった服装を用意すると便利で す。

日本搭乗手続き
航空会社に預けた荷物の数と、同じ枚数の荷物預かり証を受け取ったかどうかを確認してください。

到着後、すぐに他の飛行機に乗り継ぎする場合、時間に余裕がない方は搭乗手続きの際にその旨を航空会社職員に伝えて十分に理解してください。

もちろん鋏やカミソリ、ナイフなどは年々テロ対策の為機内持ち込みが厳しくなっております。
また、ヘヤードライヤーなどの圧縮ガス類の持込なども規制対象となっておりますので、ご注意ください。
カンタス航空の手荷物情報、日本航空の手荷物情報、ジェットスターの手荷物情報を事前にご覧ください。

現地事情
入国と荷物受取り:原則的に、国際線にて最後に到着した空港で入国審査を受けます。荷物は入国審査を受ける空港で受け取り、税関手続きを行います。
乗り継ぎ
国内線と国際線発着:カンタス航空を利用の場合、便名が QF001~399便までは 国際線扱いのフライトとなります。
国内の移動でも国際線扱いのフライトを利用する場合、国際線ターミナルからの発着となるため注意してください。
{事前に 購入会社に納得いくまで聞いてください。)

ま た 国際線~国内線ターミナル間の移動所要時間:広大な国土のオーストラリアでは、国内線と国際線ターミナルが必ずしも近距離にあるわけではありません。ちな みに、両ターミナル間は、ケアンズ空港(徒歩5分)、ブリスベン空港(電車5分/バス7分)シドニー空港(電車5分/バス10分)、メルボルン空港(徒歩 3分)。
特にブリスベンとシドニー空港は、徒歩での移動が不可能。どちらのターミナルからの発着なのかを事前に把握しておいてください。
このような情報を伝えない旅行会社をお奨め致しません。

海外危険情報 等
渡航先(国または地域)によって、外務省海外危険情報など安全関係の情報が出されている場合があります。
詳細は、外務省海外安全センター(音声サービス 03-3592-3940)、
外務省ホームページで確認してください。
また 海外ツアーオペレーター協会のトラベルサポートも見やすいのでご利用ください。