オーストラリア旅行専門アズウェイのマーク

オーストラリアの世界遺産のシャーク湾は現生のストロマトライトがあります。

シャーク湾
Shark Bay

【概要】
現生のストロマトライトがある(化石ではなく、生きたものが現存する)。このストロマトライトは最初に地上に上がった生命体で、最古のもので35億年ぐらい前のものであると、最近の研究では言われている。冬の気温は15℃ほどだが水温は20℃以上あることから、ジュゴン、ジンベイザメ、ウミガメ、イルカ、オニイトマキエイなどが群生し、インド洋から南極海へ移動するザトウクジラも立ち寄る。

大きさは東京都と千葉県を合わせたぐらいの広さで、水深2mと浅く、穏やかな湾である。湾の浜は、全て5mの厚さの貝殻で埋め尽くされている。湾周囲の陸地には荒涼とした乾いた風景が広がり、ここで暮らせるのはカンガルーやトカゲなど乾燥に適応した動物ばかりである。

【解説】 オーストラリア政府観光局

1991年に世界遺産に登録された西オーストラリアのシャーク湾は、広さ230万ヘクタール(570万エーカー)の湾で、南北に伸びる半島と島によって入り江や湾がそれぞれ独立し、さらにインド洋からも隔てられるように連なっています。

生育域の限界点にある種の多いことが、この地域の植物の大きな特徴です。例えば、145種の植物の北限であり、39種の南限となっています。また、この地域に固有な植物や、新種と見られる植物が少なくとも28種確認されています。

西オーストラリアのシャーク湾は動物学的にも非常に重要な地域であり、その主な理由として、半島や島々という隔離された生息環境により、他の場所のような障害のない状態で生き物が生息できることが挙げられます。

また、西オーストラリアのシャーク湾は水質の面でもとてもユニークです。これは浅瀬や隆起によって海流が制限された結果、湾の南部の塩分濃度が高くなってい

ることによります。この高濃度の塩分こそが、地球最古の生物と言われるストロマトライトの生育に適した環境となっています。

さらに、西

オーストラリアのシャーク湾は海洋生物・動物の宝庫としても有名です。イルカとほぼ同じ大きさの草食性哺乳類であるジュゴンは、およそ1万頭がここに生息し、その数は世界でも最大規模です。また、ザトウクジラは沿岸を移動する際にこの湾に立ち寄ります。アオウミガメやアカウミガメはこの湾がほぼ南限の生息域で、ダーク・ハートッグ島やペロン半島の浜で産卵します。モンキー・マイアでは、人なつこいイルカたちが海岸にやって来ては、訪れる者を楽しませてくれます。

西オーストラリアのシャーク湾には平穏と静けさがあります。海水に浸食された崖、砂や貝殻の浜辺がゆったりと広がる穏やかな湾や入り江、安心して泳げる浅瀬。モンキー・マイアには、モーテルやリゾート施設が用意されています。

登録された保護区
フライデー島(Friday Island)
バーニア島(Bernier Island)
ドア島(Dorre Islands)
チャーリー島(Charlie Island)
スモール諸島(Small Islands)
コックス島(Koks Island)
フランソワ・ペロー国立公園(Francois Perou National Park)
シャーク・ベイ海洋公園(Shark Bay Marine Park)
シェル・ビーチ保護公園(Shell Beach Conservation Park)
ズイトドープ自然保護区(Zuytdorp Nature Reserve)
ハメリン・プール海洋自然保護区(Hamelin Pool Marine Nature Reserve)
モンキー・ミア保護区(Monkey Mia Reserve)
ハメリン・プール/イースト・フォア・アイランド・ハイロー・ウォーター・マーク(Hamelin Pool/East Faure Island High-Low Water Mark )

有名なシエルビーチはの爪の大きさほどの小さな貝殻でビーチが形成されています。これは、約5000年前ほどから蓄積を始め、嵐などによって運ばれてきたといわれています。更に長い年月をかけ、雨や風により砂を飛ばし貝殻とその結晶のビーチを作り上げました。この貝殻が蓄積され出来上がったビーチは、実に100キロにも及びます。しかも地表から約10メートルは、貝殻で覆われています。ビーチで遊べますが、素足では痛くて歩けません。また、非常に遠浅で干潮時には、水深があまりありません。
【交通・アクセス】

アクセスには、飛行機、長距離バス、または車を利用します。西オーストラリアのシャーク湾はパースの北、850km(531マイル)にあります。
カーナボンやモンキー・マイア行きの飛行機がパースから飛んでいます。
【周辺の宿泊施設】
モンキーマイアドルフィンリゾートやベイロッジYHA モンキーミア・ドルフィンリゾートYHA 
【余談】

モンキー・マイア,デナム,シェルビーチ、ハメリンプール と見所は沢山、パースからバスで行きたいというお客様は片道は飛行機、出来れば往復をお奨めするとともに、是非、1泊はしてください。ストラママイトや広大すぎる大自然の海はゴールドコーストやシドニーとは違うオーストラリアがあります。

シャーク湾 HP 英語

イメージ・360度動画・アクテビティなどをお知らせしてます。
宿泊・観光・送迎・・・包括的に手配依頼なら弊社がお好みのスケジュールを手配させて頂きます。

Shark Bay

オーストラリア大陸の西海岸中央部に存在する湾で,シェルビーチ、ストラママイトで有名 イルカとの体験のモンキーミアもここにあります。
登録年 1991年
登録基準



(vi) 顕著で普遍的な価値をもつ出来事、生きた伝統、思想、信仰、芸術的作品、あるいは文学的作品と直接または明白な関連があること(ただし、この基準は他の基準とあわせて用いられることが望ましい)。
(vii) 類例を見ない自然美および美的要素をもつ優れた自然現象、あるいは地域を含むこと。
(viii) 生命進化の記録、地形形成において進行しつつある重要な地学的過程、あるいは重要な地質学的、自然地理学的特徴を含む、地球の歴史の主要な段階を代表とする顕著な例であること。
(ix) 陸上、淡水域、沿岸および海洋の生態系、動植物群集の進化や発展において、進行しつつある重要な生態学的・生物学的過程を代表する顕著な例であること。