オーストラリア旅行専門アズウェイのマーク

オーストラリア世界遺産 フレーザー島は世界最大の砂の島です。

フレーザー島
Fraser Island australia

【概要】

島は一般にも公開されており、観光客は海辺でのキャンプを楽しんだり、ザトウクジラやイルカの出現を見たりすることが出来る。特にハービー湾は、繁殖と子育てのために訪れるザトウクジラの観察スポットとして有名である。

フレーザー島の淡水湖は世界で最も透明度の高い湖のひとつである。有名な湖としてマッケンジー湖が上げられる。この湖も観光客のレジャースポットとなっている。

砂だけの島のはずなのに、なぜか森が存在する不思議。内陸部には、世界最大のシダ類や、他の植物から養分を吸収する着生植物、またはユーカリなど、多様な植物が混合している。

【解説】 オーストラリア政府観光局
クイーンズランド州南東部の海岸線に沿って120km(74.5マイル)に延びる、面積184,000ヘクタール(454,670エーカー)のフレーザー島は、世界最大の砂の島です。この島は1992年に世界遺産に登録されました。

目を見張る色彩の砂の崖と壮観な砂丘が、何にも遮られることなくどこまでも続く浜辺に寄り添うように連なっています。海抜200m以上の砂丘に多雨林が生育しているのは世界中でこの島だけです。

40もの高地砂丘湖があり、世界で存在が確認されているこの種の湖の半数がこの島に集中しています。また、砂丘が移動する時に海水の流れがせき止められてできた潟湖や、地面の陥没により地下水面の一部が露呈している「ウインドウ」レイクがいくつもあります。

野鳥は350種以上確認されており、特に渡り鳥の中継地点として重要な地点でもある。また絶滅が危惧されるキジインコ(GroundParrot)の生息地でもある[2]。

哺乳類は47種確認されている。特に、フレーザー島は純血のディンゴの生息地としても知られ、島内には120から150頭が生息するとされている[2]。

ディンゴとの交雑を避けるためにも人間に飼われている犬の島への持ち込みは禁止されているほか、島内の動物を守るためにもペットの持ち込みは禁止されている。
【交通・アクセス】

カーフェリーで島に渡れる場所は以下の3地点である。なお、島内を走れる車は4WDのみであり、また許可が必要である。ハービー・ベイから島の西側のムーン岬へ
ハービー・ベイ南側のリバーヘッドからキングフィッシャー湾とワンガグールバ川へ
レインボー・ビーチの北のインスキップ岬から島の南端のフック岬へ
空路はハービー・ベイ空港とマルチドール空港より飛行機で行くことが出来る。
【周辺の宿泊施設】
キングフィッシャーベイリゾート
【余談】

ホテルは全152室
改装が終了してより心地のよいお部屋となっております。クイーンサイズベッド+キングシングルベッド。 インターコネクトドアで隣ルームと4ルームまで接続可能。
ヴィラ長期ご滞在ならびに多人数でご利用される場合は、台所などの設備もすべて 整っているヴィラタイプも便利です。

ウィルダネスロッジ
10人以上のグル-プでご利用の場合、研修プログラムなどでご利用の場合、ロッジタイプの宿泊施設もございます。
ロッジ専用の飲食施設を利用します。アルコールの販売があるためにロッジは20歳以上の方のご使用に限らせていただいております。

世界遺産の中のアイランドです。 環境保護とレジャーとの共生は見事です、 自然の大きさを知る、オーストラリアです。是非2-3泊をお奨めします。

フレーザー島 HP 英語

イメージ・歴史などユネスコの公式ページから様々リンクができるのでお知らせしてます。
宿泊・観光・送迎・島までの国内線・シドニーやブリスベン、ケアンズなどの宿泊・・包括的に手配依頼なら弊社がお好みのスケジュールを手配させて頂きます。

Fraser Island

クイーンズランド州にある島で、世界でもっとも大きな砂島である。島はブリスベンから北に約300kmの所にあり、南北123km、幅25km、島の最高高度は240mである[1][2]。島のほぼ全域がグレイトサンディ国立公園として国立公園に指定されている。
登録年 1992年
登録基準



(vii) 類例を見ない自然美および美的要素をもつ優れた自然現象、あるいは地域を含むこと。
(viii) 生命進化の記録、地形形成において進行しつつある重要な地学的過程、あるいは重要な地質学的、自然地理学的特徴を含む、地球の歴史の主要な段階を代表とする顕著な例であること。
(ix) 陸上、淡水域、沿岸および海洋の生態系、動植物群集の進化や発展において、進行しつつある重要な生態学的・生物学的過程を代表する顕著な例であること