オーストラリア旅行専門アズウェイのマーク

オーストラリアの世界遺産 カカドゥ国立公園は広大面積を誇ります。

カカドゥ国立公園
Kakadu National Park

【概要】
カカドゥ国立公園は、オーストラリアの北部、ダーウィンから東へ約250kmの熱帯地域にある。北はマングローブが生い茂るバン・ディメン湾から南はキャ サリン峡谷付近まで、総面積約197万5500haの広大な公園。北部は3本の大河と無数の支流が流れる大湿原。南下するに従って砂岩質の深い渓谷が現 れ、荒々しい風景へと変化していく。園内では約1500種の植物、約280種の鳥類、約120種の爬虫類、約50種の哺乳類、約30種の両生類、約80 種の淡水魚、約1万種の昆虫などが確認されており、まさに大自然の楽園

ロケーション
ノーザン・テリトリー北部、ダーウィンの東約250km。

アクセス
ケアンズ、ブリスベン、シドニーの各都市から国内線でダーウィンへ。そこからジャビル、クーインダまでバスで約4時間。

ベストシーズン
4~11月。雨季となる12~3月は道路事情が悪く、水没することもある。

また、この地域はアボリジニの文化と密接に関連した地域であるため、この公園は自然を見せるだけでなく、アボリジニの文化にも触れることの出来るユニーク な国立公園でもある。独特の自然景観を持つイエロー・ウォーター・ビラボン(上部の写真)のみでなく公園内にはアボリジニの岩壁画などを見ることが出来 る。

カカドゥ国立公園 HP 英語

イメージ動画・歴史などーストラリア政府公式をお知らせしてます。
宿泊・観光・送迎・・・包括的に手配依頼なら弊社がお好みのスケジュールを手配させて頂きます。

Kakadu National Park

この世界遺産は世界遺産登録基準における以下の基準を満たしたと見なされ、登録がなされた(以下の基準は世界遺産センター公表の登録基準からの翻訳、引用である)。

  • (1) 人類の創造的才能を表現する傑作。
  • (6) 顕著で普遍的な意義を有する出来事、現存する伝統、思想、信仰または芸術的、文学的作品と直接にまたは明白に関連するもの(この基準は他の基準と組み合わせて用いるのが望ましいと世界遺産委員会は考えている)。
  • (7) ひときわすぐれた自然美及び美的な重要性をもつ最高の自然現象または地域を含むもの。
  • (9) 陸上、淡水、沿岸および海洋生態系と動植物群集の進化と発達において進行しつつある重要な生態学的、生物学的プロセスを示す顕著な見本であるもの。
  • (10) 生物多様性の本来的保全にとって、もっとも重要かつ意義深い自然生息地を含んでいるもの。これには科学上または保全上の観点から、すぐれて普遍的価値を持つ絶滅の恐れのある種の生息地などが含まれる。