オーストラリア旅行専門アズウェイのマーク

 オーストラリア入国に際して
入国カード記載
入国カードは日本語で、航空機内でフライトアテンダントにより配られます。
オーストラリア入国カードの記入は到着時までに完了しているようにしましょう。
また、記載事項に偽りがあると虚偽の申告となり、罰金等を課せられる場合があるので注意してください。
特に食品類の持ちこみに関しては非常に厳しい審査があるため、正しい申告をしましょう。

入国手続き
パスポートと入国カードを管理官に提示してご質問にお答えください。

持ち込み禁止品
様々な物質に、環境や動植物、そして人間の健ご注意
『オーストラリア旅行で一番気をつけなければならないこと』それは、検疫!

オーストラリアは、(おそらく最も)検疫の 厳しい国。 
オーストラリアは、独自の自然及び生態系を維持するため、検疫に関する様々な厳しい規制を設けています。
中でも一般旅行者に関わることで、一番多いのは食品類の持込み。
なぜ、食品類がダメなのか?それは、食品に含まれる健康にも害を与える恐れがある害虫や病原体なども、含まれているかもしれないからなのだとか。
とにかく、『恐れのあることは未然に防ぐ』それが、オーストラリアの基本方針なのです。

オーストラリアへはこんなものが持ち込み不 可
オーストラリアへは、以下のようなものは基本的に持ち込むことができないので注意が必要です。
オーストラリアへの持ち込みが不可なもの
1 生(なま)物 …肉類、野菜、果物など
2 種子・植物類 …苗はもちろん、植物の種(たね)など
3 乳製品 …牛乳(牛以外の乳も含む)を使った製品(チーズやバター、ヨーグルトなども含む)
4 卵製品 …卵が使われた製品
5 肉製品 …肉が使われた製品、乾燥肉も含む
6 土が付着した物 …スポーツ・キャンプ用品など
7 動物及び動物を使った製品 …動物の皮などを使った楽器なども含む

これらを見てみると、「これじゃ、何でもダメ…」となってしまいそうですが、実は、「何も持ち込んではいけない」というわけではなく、ちゃんと申請すれ ば、持ち込めるものもたくさんあります。
渡豪される皆様は結構たくさんの日本製食品類を持ち込んでいるのも事実です。

日本人に多いミスと、持ち込み不可でも“持ち込める”もの
一部例外があり、持ち込むことができるものもあります。
日本人が持ち込んで罰金…となりやすいケースと、リストにあっても持ち込めるものについて、1項目づずつ例を挙げて説明します。
※また、例え持ち込み可能なものであっても、申告は絶対です。申告漏れや申告忘れは、その場で罰金になることがほとんどなので、注意してください。

◆生もの
オーストラリア では、“生”なものは、すべて持ち込み 不可! “生”というのは、もちろん“生き物”にも適用されますので、“生もの”だけでなく“生き物”も基本的に持ち込めません。
※但し、ペットと共に移住等の場合は別途規定あり。
◆種子類
これは、発芽してしまう恐れのあるものが不可。それは、オーストラリアの貴重な生態系を守るためで 生態系が変わってしまうということを防ぐ為ですから、ローストされたり、漬物などになって、もう発芽する恐れのないものなら、持ち込み可能。
◆乳製品
乳成分の入ったものとなると、「私は赤ちゃんがいるのに、じゃあ、粉ミルクもダメ?」この場合、自分の子供に与える滞在期間分相応の粉ミルクは、きちんと 申請することで持ち込めます。ただし、申告時にウソをつくと、罰金になることもありますので、必ずオーストラリアの貴重な生態系を守るため正しい申告をお 願いいたします。
◆卵製品
、卵の形をとどめていなくても、卵を使った製品が 結構あります。日本人が持ち込んでしまうもので結構多いのが、「マヨネーズ」。 但し、生っぽくないものなら、卵を使っていても持ち込めます。
例えばビスケットなどの「焼き菓子」などはOKです。
◆肉製品
肉類も意外と身近な食品に含まれていることが多いもの。肉片が含まれているカップ麺も、絶対に持ち込み不可。間違いなく、空港で没収です。
肉製品、及び肉片の入った食品類は絶対持ち込み不可の要注意食品。
◆スポーツ用品
「スポーツ用品がダメ?自分のゴルフ・クラブでゴルフできない?」、こうした場合は、必ず日本出国前に、クラブや靴に付着した土を落としておけばOK。他 に注意したいのは、テントなど。テントを張る金具などにも土が付いていることがあるので、これも必ずよく洗ってから。

持っているのに「持っていない」とウソをついた場合は、発見と同時に罰金です!ご注意ください。

オーストラリアならではの動植物を守る
とにかくポイントは「必ず何でも申告すること」。食品を持っている場合は、「こんなものならOKだろう」と勝手に自己判断せず、必ず何でも申告。またこの 他にも、持込めないものもありますので、何か変わったもの(?)を持ち込もうとする場合は、必ずオーストラリア検疫検査局のHPで確認してください。

◆漢方薬」は要注意

これは、漢方薬にオーストラリア が認めていない成分が含まれていたり、ワシントン条約規定に違反しているものが含まれているケースが多いためです。病院などで出される漢方薬を常用してい る人は、出発前に主治医の説明書のようなものを用意し、必ず持参するよう強くおすすめします。
また、漢方薬でない薬を持参する場合も、医師による指示書などがあった方が無難。できれば、出発前に主治医に相談し、一筆書いてもらって持参してくださ い。

◆英語がわからない場合は曖昧に答えず、日 本語スタッフを呼ぼう!
もちろん答えは英語で答えるのが通例ですが、英語がわからない場合は、焦らずに、「Japanese speaking, please !」と言って、日本語のできる人を呼んでもらい、決して、間違った英語で答えたりしないこと。

申告を怠ったり虚偽の申告をすると、
● 最高$60,000の罰金を科せられる場合があります。
またその場合、取り調べのために入国に時間がかかり、その後の日程に影響が出ることがありますので、十分にご注意ください。

オーストラリア入国時の免税範囲 (18歳以上の大人1人あたり)
■ タバコ類:紙巻タバコ50本、または50g相当のタバコ製品
■ 酒類:2,250mlまで(ワイン・ビールを含む)
■ 贈答品:A$900以内(18歳未満はA$450以内)
■ 現金:A$10,000 以上に相当する現金(日本円、豪ドルを含む)を所持している場合は申告が必要

日本帰国の際の免税範囲 (20歳以上の大 人1人あたり)
■ タバコ類:紙巻 200本(日本製・外国製各200本)、または葉巻 50本、またはその他 250g
■ 酒類:3本(1本760ml程度のもの)
■ 香水:2オンス(約50g)
■ その他:各品物の海外市場の合計額が20万円以内。但し、同一品目ごとに合計した金額が
   1万円以下の品物は、20万円の合計計算に含めません。20万円を超える場合は、
超えた品物から課税されます。
詳しくは、日本税関 海外旅行の手続をご覧ください。 {日本語)
その他
畿内で配られたナッツやビスケットも食べ物です。 申告の対象となります。 ぐらい正確に書いてください。
また、ゴルフクラブの新品などは自己使用分であってもカバーなどから現地の人へのギフト?等と解釈され、課税対象になった事もあります。ので、ツアー購入 旅行会社にお気軽にご質問をお奨め致します。